交通事故・労災

tel_sp.png

交通事故

交通事故に遭われた方へ

交通事故に遭われた後、特に目立った怪我や外傷がなくても、数日経過すると痛みやしびれなどの症状が急に現れることがあります。そのまま放っておくと、二次障害が併発する恐れがありますので、早めにご来院いただくことをおすすめします。

「事故前より肩や背中などがこるようになった」「吐き気、めまい、頭痛がする」「しばらくしてから首が痛みはじめた」など、少しでも体に違和感を感じられるようでしたら、お気軽にご相談ください。

ご来院される前に

交通事故による怪我の治療費を、自賠責保険等請求される場合は、前もって保険会社にお伝えいただいておくとスムーズです。

労災保険

労災保険について

当クリニックは、労災保険指定医療機関の指定を受けおりますので、労災の対応も行っております。
仕事中、または通勤途中に起きた怪我は、労働者災害補償保険法で規定されている労災保険により補償を受けることができます。
業務上であれば、骨折や捻挫、打撲などの怪我から、ぎっくり腰も労災を使って治療することが可能です。
また、仕事中に起きた交通事故については、労災で補償される場合もありますが、基本は自賠責保険や任意自動車保険が優先的に適応されますので、お気軽に当クリニックまでご連絡ください。

よくある質問

整形外科と整骨院(接骨院)とは何が違うの?

整形外科では医師が、診察による理学所見と画像検査(X線レントゲン、MRI)をもとに診断し、病態に合わせて投薬や注射、リハビリテーションなどの医療行為を行います。

一方、整骨院(接骨院)では、柔道整復師による捻挫や打撲に対する施術を行ないます。
柔道整復師は医師ではないため、診察、検査、投薬、注射などの医療行為を行なうことは出来ません。あくまで外傷による捻挫や打撲に対する施術(医業類似行為)と、骨折・脱臼の応急処置が業務範囲の資格です。

医院ブログ
tel:06-4700-3366