部位別のお悩み(背中の痛み)

tel_sp.png

こんな症状はありませんか?

背中の症状

  • 腰から背中にかけて痛みが走る
  • 背中が丸くなってきた
  • 姿勢が悪くなってきた
  • 背伸びなど身体を反らすと痛い  など

主な背中の病気

側弯症

側弯症とは、背骨(脊椎)が側方に弯曲している状態を言います。加齢に伴う「変性側弯症」や成長期の子ども、特に女の子によくみられる「成長期側弯症」などがあります。

初期の症状は、背中が曲がる、背中や腰が痛いなどです。徐々に変形が強くなってくると、手足に痛みやしびれが出現します。最悪の場合、内臓にも影響を及ぼし呼吸障害や心肺機能低下などの重篤な障害を引き起こすこともあります。

脊髄損傷

交通事故やスポーツ、首や背中からの落下などで脊椎に強い力がかかることで脊髄を損傷した状態のことで、完全麻痺と不全麻痺があります。骨が弱っている高齢者は、少しの転倒でも脊髄に損傷を受けた場合、手足に麻痺を生じることがあります。

脊椎椎体骨折

重いものを持ち上げたり、尻もちをついた際などに脊椎を強く打ち、変形してしまう骨折です。脊椎椎体骨折には、骨が弱くなっていることで生じる骨粗しょう症が起因によるもの、病的椎体骨折、外傷性椎体骨折などがあります。

強直性脊椎炎

若い男性に多く、腰痛、おしりの両わき(仙腸関節)、背骨(脊椎)、膝、足の関節に慢性的に痛みを感じますが、痛む場所は移動することが多く、身体を動かしている方が症状が軽くなるのが特徴です。

初期では、痛みあったり、収まったり波が激しく、重症化すると脊椎が動かなくなり、日常生活や仕事にも支障が出てきます。

医院ブログ
tel:06-4700-3366