リウマチ外来

tel_sp.png

関節リウマチとは?

関節リウマチ(以下:リウマチ)とは、免疫の異常により手足の関節などに炎症が起こり、痛み、腫れ、変形などを引き起こす病気です。
女性に多くみられ、発症年齢のピークは30~50代と言われています。個人差はありますが、症状が進行すると骨や軟骨に小さな欠損ができるほか、関節が変形したり破壊されたりすることもあります。また、関節の痛み・変形だけではなく、発熱、倦怠感、食欲低下などの全身症状を引き起こすこともあります。
「手足の関節の痛み・しびれ」「朝、手足の指関節がこわばる」などの、少しでも違和感じられた時には、一度当クリニックまでご相談ください。

リウマチの症状(一例)

  • 手の指(特に第2・第3関節)の腫れ、痛み
  • 朝起きた時、手足の指関節がこわばって動かしにくい
  • 手足の指の関節の変形
  • 関節(手首・指・足首など)の腫れ・痛み・しびれ
  • 微熱
  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 食欲不振 など

リウマチの検査

レントゲン検査および血液検査などの検査結果をもとに、総合的に診断します。レントゲン検査では関節の変形・破壊の有無など、血液検査では患者さんの全身状態などを確認します。変形性関節症など、リウマチと似た症状を引き起こす疾患がいくつかありますので、詳細に確認して適切に診断します。

リウマチの治療

検査の結果、リウマチが疑われる、またはリウマチと診断した場合には、提携する医院のリウマチの専門医の意見を参考にして投薬治療を行います。現在、リウマチ治療のために多種多様な薬が開発されており、中には高い効果が期待できるものもあります。根治させることは難しくても、未病の方とほとんど同程度にまで回復させることが可能です。ただし、多種多様な薬があるため、「どれがその患者さんにとって適切な薬なのか」をきちんと見極める必要があります。当クリニックでは、「効果」と「費用」の両面を鑑みた上で、どの薬がその方にとって適切なのかをきちんと見極めて処方します。

医院ブログ
tel:06-4700-3366