部位別のお悩み(膝の痛み)

tel_sp.png

こんな症状はありませんか?

膝の症状

  • 慢性的な膝の痛み
  • 長時間歩行したり立ち仕事などを行ったりした時に、膝に痛みが生じる
  • 階段の昇降時、膝に痛みが生じる
  • スポーツをした後、膝に痛みが生じる
  • 膝の脱力
  • 膝がぐらぐらする
  • 膝をまっすぐ伸ばすことができない
  • 正座できない

主な膝の病気

変形性膝関節症

高齢者の中で最も多い訴えに腰痛と膝痛があります。
その膝痛の原因として多いのが、変形性膝関節症です。一般に60歳前後から症状が出現することが多く、加齢と共に頻度や程度が強くなっていきます。膝関節に骨折や半月板損傷などの既往がある方は、もっと早い段階で変形を来すこともあります。変形性膝関節症は関節の軟骨がすり減っていき(図1:正常、図2:変形性膝関節症)、最終的には関節の変形・破壊にまで至ります。

症状は、日本人の場合、膝関節の内側に疼痛が出やすいのが特徴です。初期は歩き始めや立ち上がりに膝痛が出現する程度ですが、徐々に歩行や階段昇降にも支障を来し、重症化すると睡眠時にも強い疼痛が出現して睡眠の妨げとなります。また、膝関節内で炎症が生じているため、関節液が貯留して“水が溜まった”状態になります。日本人の場合、膝関節の内側から変形してくる方が多く、変形が進行するとO脚(内反変形)になりやすいのが特徴です。変形が強くなると下肢筋力も低下し、更なる歩行機能の低下をもたらします。

診察ですが、疼痛箇所の確認と歩行機能をチェックします。その後、レントゲンで膝関節の変形の有無や程度を確認します。変形すると、内側の関節裂隙(関節の隙間)が狭くなり、骨棘(変形に伴う余剰の骨)が出現します(図2)。骨のバランスも内側に変形してきます。

治療方法ですが、保存的治療と手術があります。保存的治療は除痛と関節機能の改善・維持が目的です。

①非ステロイド抗炎症薬やトラマドールなどの鎮痛薬
疼痛の一時的な緩和により、生理的な回復力を促す起点となります。これまでは除痛には非ステロイド抗炎症薬がよく使われます。近年では慢性的な疼痛に対してトラマドールという鎮痛薬が処方されることがあり、その効果が期待されます。

②関節注射
膝痛が強い場合、膝関節内に直接注射を行います。使用薬剤はいくつかありますが、膝関節に注射する場合によく使われるものとしてヒアルロン酸があります。ヒアルロン酸は膝関節内の滑膜に作用して炎症を抑制して除痛効果を発揮します。更に潤滑油として関節軟骨の維持に貢献して変形の進行を遅らせます。
また注射の際に関節に貯留した関節液を抜くこともあります(関節穿刺と言います)。関節液を精査することによって診断の手助けとなります。また除痛効果も認めます。

③装具
変形性膝関節症による内反変形などの変形で膝関節のバランスが悪くなると、更に関節軟骨の破壊や変形が促されます。変形による障害を防ぐために装具を使用します。膝関節に巻きつけるタイプや靴の中敷きタイプなど様々なものがあり、生活習慣に応じて使用していきます。

④リハビリテーション
変形性膝関節症が進行すると膝関節のバランスが悪くなり筋力低下を来します。筋力低下によってバランス不良が増悪して変形も増悪、という悪循環が生じます。そのため筋力トレーニングが重要となります。

以上のような保存的治療を行っています。しかし、保存的治療は変形してしまった関節を変形前に戻しているわけではありません。変形した状態で生活しやすくするため、また変形の進行を遅らせるために行っています。

⑤手術
保存的治療でも効果が不十分の場合は手術となります。変形した関節を切除して人工関節に置き換えます。

以上のように変形性膝関節症は頻度が高く、疼痛や歩行障害を来します。変形の進行を遅らせることができるため、変形初期からの治療が重要になってきます。もし膝痛などでお悩みの方がありましたら、お気軽にご相談ください。

半月板損傷・断裂

 膝関節の中には内側・外側に半月板があります。体重が負荷された状態で異常な回旋力が加わると、骨に挟まり損傷を受けます。10~20歳台の若年者ではバスケットボーやサッカーなどのスポーツ時の受傷が多いですが、中高年では立ち上がり時や無理な動作をして膝を捻った際に受傷することが多いです。
 半月板損傷の多くは内外側ともに中央~後方にかけて損傷を受けやすく、階段昇降やしゃがみこみ動作などの運動時に損傷個所に一致した部位の疼痛を引き起こします。また、膝のひっかかり感が生じ、重篤な場合は膝が屈曲したまま伸展できないこともあります(ロッキング)。半月板は関節での荷重機能に大きく関与しており、損傷・断裂することで将来的に変形性膝関節症になるリスクが高くなります。
 診断では半月板の描出が可能なMRIが有効です。MRIにより損傷の有無・箇所・程度を診断することが可能です。
 治療は内服薬や関節注射による除痛と安静です。安静に関してはサポーターなどの装具を使用することもあります。しかし、症状が改善しない、あるいはロッキングで生活に支障がある場合、手術になることもあります。

前十字靭帯(ACL)損傷・断裂

バスケットボールなどの競技で飛び上がって着地したとき、サッカーなどで走っているときに急に方向を変えようしたときなどで前十字靭帯(ACL)損傷・断裂を受傷することが多いです。40~60%程度に半月板損傷も合併します。

新鮮例では受傷時には激痛があり、重篤なときにはプツッという断裂音を体感することもあります。陳旧例ではジャンプや急な方向転換で膝くずれを繰り返します。ACLは膝関節の安定性に大きく関与しており、損傷・断裂することで将来的に変形性膝関節症にあるリスクが高くなります。

診断ではACLの描出が可能なMRIが有効です。MRIにより損傷の有無・程度を診断することが可能です。

治療は半月板損傷と同様に内服薬や関節注射による除痛と安静です。安静に関してはサポーターなどの装具を使用することもあります。またリハビリテーションでの筋力強化による膝関節の安定性改善も図ります。スポーツ活動を望む若年者や膝くずれで日常生活に支障をきたしている方の場合、再建手術も考慮されます。

後十字靭帯(PCL)損傷・断裂

交通事故やスポーツ外傷などで膝から転倒したときに後十字靭帯(PCL)損傷・断裂を受傷することが多いです。乗用車の追突事故などではダッシュボード損傷と呼ばれ、膝関節を約90度屈曲時に膝前下方を自動車のダッシュボードにぶつけて受傷することがあります。前十字靭帯(ACL)損傷と比較して膝関節の機能障害は少ないですが、PCLも膝関節の安定性に関与しているため階段昇降などで不安定性や疼痛が生じることがあります。

診断ではACLと同様にMRIが有効で、損傷の有無や程度を確認できます。

治療もACLと同様で、まずは除痛と安静による保存的治療です。膝関節周辺の筋力強化や装具による安定を促します。スポーツ活動や日常生活に支障をきたす場合、再建術を行うこともあります。

内側側副靭帯(MCL)損傷・断裂

内側側副靭帯(MCL)損傷は最も頻度が高い膝の靭帯損傷です。ラグビーなどの互いに接触・衝突し合うスポーツ(コンタクトスポーツと呼びます)で受傷することが多いです。

症状は膝関節の内側に疼痛・圧痛を認め、膝関節を外反すると激痛を訴えます。断裂例では膝関節の不安定性も認めることもあります。更なる重症例では十字靭帯損傷・断裂も合併することがあります。

診断はMRIが有効で、損傷の有無・程度・範囲を確認することができます。

治療は単独損傷で不安定性が少ない場合は装具による安静や投薬による除痛がメインとなります。4~6週程度でスポーツ復帰も期待でき、予後も良港です。しかし、十字靭帯損傷を合併した場合、手術が必要になることが多いです。

外側側副靭帯(LCL)損傷・断裂

内側側副靭帯(MCL)損傷と同様、スポーツなどで受傷することが多いです。症状は膝関節の外側に疼痛・圧痛を認め、膝関節を内反すると疼痛が増悪します。

診断や治療はMCL損傷と同様で、安静と除痛がメインとなります。

離断性骨軟骨炎

関節軟骨直下の骨が何らかの原因で血流障害が生じて骨の一部が壊死してしまった疾患です。男性に多く女性の3~4倍であり、思春期あるいは20歳台で好発します。

初期の症状は運動後の不快感や軽度の疼痛程度ですが、徐々に疼痛が増悪して走行や階段昇降が困難になってきます。更に症状が進行すると、病巣部が脱落して遊離体(関節ねずみと呼ばれることもあります)を形成して膝関節の引っ掛かりが生じて膝関節の可動域制限と激痛をもたらします。

診断に関して初期ではMRIが有効ですが、病状が進行するとレントゲンでも確認することができます。また好発部位ですが、一般に膝関節の内側で生じやすく85%程度が内側で生じています。

治療は関節軟骨の連続性が維持されていれば運動制限を中心とした保存的治療を行うことが多いですが、そうでない場合は手術を行うことも多いです。

腸脛靭帯炎

脛骨の前外側に腸脛靭帯という靭帯が付着しています。膝関節の屈伸で大腿骨外側上顆との摩擦で障害されます。特にマラソンなどの長距離のランニングで生じることが非常に多く、ランナー膝の一種とされています。

治療は除痛と安静ですが、再発予防の点からトレーニング方法の見直しやオーバーワークの回避、使用する靴の見直しなどがあります。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨(膝の皿の骨と呼ばれている)が外側へ脱臼した状態を膝蓋骨脱臼といいます。外傷による脱臼の場合、骨折を伴うことも多いです。また医療機関に受診したときには自然整復されていることも多いです。

外傷性脱臼の場合、大腿四頭筋の一部である内側広筋や内側支帯の一部が損傷・断裂しており、その評価のためにMRIが有効です。膝蓋骨が高位にあると脱臼しやすいため、レントゲンで膝蓋骨の位置を確認することも重要です。

治療は装具などによる安静・固定です。数週間の安静・固定後は大腿四頭筋の筋力強化や脱臼予防のサポーターが重要になってきます。

鵞足炎

脛骨粗面の内側に鵞足と呼ばれる筋肉群が付着しており、オーバーワークなどで炎症が引き起こされた状態です。夜間痛や立ち上がり時の疼痛が多く、ストレッチが有効です。

ベイカー嚢胞(のうほう)

膝窩部(膝の裏側)にできる嚢胞(袋状の構造物)のことです。膝関節と交通していることが多く、関節液が貯留しています。悪性の疾患ではなく、大きくなって周囲の血管や神経を圧迫して症状を呈する場合、治療対象となることがあります。

滑膜ヒダ障害(タナ障害)

膝関節内には滑膜ヒダと呼ばれる構造物が遺残している方がおられ(健常膝の50%程度)、その滑膜ヒダが関節に挟まれて疼痛などの症状・障害を呈する疾患です。膝蓋骨の内側に疼痛が出現することが多いです。

治療は安静・除痛ですが、症状の改善が不十分の場合は手術に至ることもあります。

Osgood-Schlatter (オズグッド-シュラッター)病

スポーツを活発に行う発育期の男子に好発します。膝蓋腱が付着している脛骨粗面に繰り返される機械的刺激が加えられたことで骨性の損傷が生じた疾患です。ジャンパー膝の一種と考えられています。

多くの場合、スポーツ活動を制限させ、膝関節周辺のストレッチや装具などで安静を保つことで改善します。しかし、症状が強く保存的治療に抵抗性がある場合は手術に至ることもあります。

ジャンパー膝

スポーツなどによる膝伸展機構の使い過ぎで膝蓋腱や大腿四頭筋への損傷を来した状態の総称です。Osgood-Schlatter病も、その一種です。治療は保存的治療が原則で、ストレッチや安静をメインに行います。

医院ブログ
tel:06-4700-3366