部位別のお悩み(肩の痛み)

tel_sp.png

こんな症状はありませんか?

肩の症状

  • 慢性的に肩こりがある
  • 肩こりがひどく、頭痛をともなうこともある
  • 肩から腕にかけてしびれがある
  • 肩から肩甲骨にかけてこり・痛みがある
  • 腕を動かすと痛みが生じる
  • 肩が上がらない
  • 背中まで手が回らない
  • 衣服の着脱時に肩に痛みが生じる
  • デスクワーク時にすぐ肩がこる
  • 夜中、肩の痛みで目が覚めることがある
  • 顔や頭が洗いにくい

主な肩の病気

肩こり

非常に頻度の高い症状で、後頚部~背部・肩にかけて凝ったり張ったりして痛みなどを感じ、時には頭痛や吐き気などを伴うこともあります。
原因として後頚部~背部にかけての筋肉、特に僧帽筋と呼ばれる筋肉の障害が挙げられます。猫背・前傾姿勢などの頚部・背部に緊張を強いる姿勢、運動不足、精神的ストレス、冷房などによる長時間の冷えなどにより引き起こされると考えられています。

診断は、問診と神経学的所見、特に僧帽筋の疼痛と緊張を確認して診断します。他の疾患、例えば頚椎症などの随伴症状として肩こりが生じることも少なくありませんので、他の疾患の確認も十分に行います。

治療としては、まず予防が重要です。同じ姿勢を長時間行わない、後頚部~背部にかけて温めて血行を改善させる、ストレッチなどの適宜運動を行う、入浴で全身を温める、などがあります。不幸にも肩こりになってしまった場合、疼痛の緩和が中心となります。マッサージや安静による筋緊張の緩和、遠赤外線などでの温熱療法、疼痛箇所への局所注射や鎮痛薬による除痛などが主な治療となります。上記でも示しましたが、他の疾患による随伴症状の場合は、その疾患の治療を優先します。
肩こりは非常に頻度の高い症状ですので、お気軽に当院でご相談ください。

五十肩

肩関節周囲炎、拘縮肩や凍結肩とも呼ばれています。肩関節の可動域が低下して、運動時に痛みを伴います。重症化すると安静時や夜間時にも疼痛が強くなり、睡眠に支障が出るほどです。
明らかな肩関節の変形などがない場合、肩関節を構成する骨・軟骨・靭帯・腱などに炎症が生じて可動域低下と疼痛を引き起こすと考えられていますが、その直接原因は不明であることが多いです。

治療は、まず除痛です。鎮痛薬だけでなく、肩関節の関節内あるいは滑液包内に注射することで疼痛を緩和します。疼痛が緩和されれば、定期的な可動域訓練や遠赤外線などによる温熱療法を行い、肩関節の拘縮の改善を図ります。多くの方は半年~1年程度のリハビリテーションにより改善されますが、少数ですが拘縮や症状が改善の不十分な方もおられます。改善の不十分な方には関節鏡による手術を勧めることもあります。

肩腱板損傷・断裂

肩関節の筋肉の構造は2層構造になっております。外側に三角筋という大きな筋肉があり肩関節を動かす動力となります。内側には腱板という薄い筋肉のグループがあり、肩関節がスムーズに動かすための調整を行っております。その腱板に損傷あるいは断裂があると、肩関節の調整が不十分になりスムーズな可動がしにくくなり、重症化すると肩が上がらなくなることもあります。また肩関節周囲に運動時痛が出現、安静時・睡眠時痛が出現して睡眠を妨げることもあります。加齢による腱板の耐久性低下、肩インピンジメント症候群の増悪、転倒などの外傷によって引き起こされると考えられています。

診察では肩関節の動きによる疼痛箇所や肩関節周囲の筋力を評価・確認します。レントゲンで肩関節の変形や偏位を確認、場合によってはMRIで腱板の評価を行います。

治療はまず除痛です。鎮痛薬や肩関節の運動・温熱療法を行い、除痛が不十分であれば滑液包への局所注射などを行います。除痛がある程度できれば、肩関節の可動域訓練などを行い肩関節機能の改善・維持に努めます。損傷や断裂の程度が軽傷であれば半年~1年程度で保存的治療により症状の改善が期待できますが、改善が不十分な場合は関節鏡による手術を勧めることがあります。

肩インピンジメント症候群

インピンジメントとは、衝突、という意味です。肩甲骨の肩峰と上腕骨の大結節が衝突することで炎症が引き起こされ、疼痛を引き起こします。運動時の疼痛はもちろん、重症化すると安静時・夜間時にも疼痛が出現して睡眠の妨げになることもあります。拘縮肩と違い、可動域の低下は起こりにくいです。また、肩関節を動かしたときにジョリジョリなどの軋轢音がすることも特徴です。

診察では肩関節の動きによる軋轢音や疼痛を確認、場合によってはMRIによる肩関節周辺の精査を行い診断します。

治療は除痛がメインとなります。鎮痛薬や肩関節の運動・温熱療法を行い、除痛が不十分であれば滑液包への局所注射などを行います。多くの方は保存的治療により数か月程度で日常生活に支障ないレベルにまで改善しますが、改善が不十分な場合は関節鏡による手術を勧めることがあります。

反復性肩関節脱臼

外傷などで肩関節が脱臼した後、脱臼しやすくなってしまい、それを繰り返してしまう状態のことを指します。いわゆる、“クセになる”と言われる状態です。肩関節を形成している肩甲骨の肩関節窩の周囲には関節唇と呼ばれるストッパーがありますが、脱臼した際にその関節唇が一緒に破綻してしまい、特定の方向にのみ脱臼しやすくなってしまいます。バンカート損傷と呼ばれており、重症なものは関節唇だけでなく付着している骨ごと破綻することもあります(骨性バンカート損傷といいます)。20歳以下で初回脱臼を起こすと80~90%が反復性に移行すると言われており、初期治療の重要性が示唆されます。

治療ですが、初回脱臼時の整復後に3~6週間程度の安静を必要とします。3週程度経過してから、MRIによるバンカート損傷などの肩関節損傷をチェックします。比較的安定して症状は軽症であれば保存的治療で経過観察となりますが、日常生活に支障をきたす場合であれば手術を考慮します。

動揺性肩関節

ルーズショルダー(loose shoulder)や多方向性不安定症(multidirectional instability:MDI)とも言われています。上記で示した反復性肩関節脱臼から生じる方もおられます。一方向だけでなく複数の方向で肩関節の動揺性・不安定性があり、脱臼・亜脱臼を繰り返します。

治療としては筋力訓練などの保存的治療が有効です。しかし、保存的治療に抵抗性を認めれば手術を考慮します。

上腕二頭筋長頭腱炎

力コブで有名な上腕二頭筋は2つの腱を持っています。そのうちの1本である長頭腱が障害を受けて肩前面(結節間溝付近)に疼痛が生じる疾患です。野球などの投球動作などで障害されることが多いです。障害が強いと長頭腱の断裂が生じることもあり、その場合は肘屈曲力が15%低下、前腕回外力が10%低下すると言われています。

治療は安静と除痛です。筋力低下が問題になる場合は手術も考慮しなければなりません。

石灰性腱炎・石灰沈着性腱板炎

腱板に石灰が沈着、その石灰が吸収される過程で強い炎症を引き起こします。そのため肩関節周辺で激烈な疼痛が出現、肩関節の自動運動ができなくなります。

治療は副腎皮質ステロイドの注射が有効です。頻度は少ないですが、注射での治療に抵抗性を認めた場合は手術することもあります。

野球肩・水泳肩

野球肩は、繰り返し行う投球動作によって種々の肩関節を構成している部分が損傷されて生じる障害の総称です。水泳肩も同様で、クロールやバタフライなどで認められます。関節包、腱板、上腕二頭筋長頭腱、上腕三頭筋、関節唇などが障害を受けます。また成長期(10~15歳程度)にある選手が過度の投げ込みを行ったとき、利き腕の上腕骨の骨端線が離解して障害を来すことがあります(little leaguer’s shoulder:リトルリーガーズショルダー)。

整形外科専門医が適切に肩のお悩みを診断します

肩の痛みでお困りの方に対しては、レントゲン検査で関節に異常や変形などがないか確認したり、上腕骨・肩甲骨の位置関係によって痛みの有無を原因を診断します。診察の結果、より詳細な検査が必要であると判断した場合には、MRIなどを実施することもあります。

痛みの緩和と原因追及を並行して治療します

肩の症状でお困りの患者さんに対して、生活しやすくするために痛みの緩和をまず行います。痛みは大きく2つに分類することができます。1つは侵害受容性疼痛(外傷や関節痛・筋肉痛などによる痛み)、もう1つは神経障害性疼痛(神経痛による痛み)で、痛みの種類を見極めて各々に対応した除痛を行います。

痛みの緩和には、まず内服薬や湿布などの外用薬を用います。痛みの程度が強い場合や即効性を期待される場合は、痛みの種類や病気に応じたブロック注射を行います。痛みの発生を抑えるためにリハビリテーションも行い、場合によってはコルセットなどの装具を利用することもあります。このように多角的な方法で痛みを緩和し、患者さんが生活しやすくなるよう努めます。

痛みの緩和を行いつつ、原因の追究を行います。病気を引き起こした原因に対応した治療を追加・変更していきます。

医院ブログ
tel:06-4700-3366